新しいジャンルの仕事

昨日は新規事業のスタートアップ、初仕事の日でした。前撮りでもなくお宮参りでもなく記念写真の出張カメラマンでもなく、そして写真を撮るわけでもない仕事。でも、それだと何もないのでiPhoneでブーケをパチリとだけしてきました。

このお話をいただいたとき、最初は自分に本当にできるんだろうかと不安に思うこともありました。でも、昨日の仕事を終えて帰ってきたら、クライアントさんからとても良かったとのメールが届いており一安心です。そしてそのまま一気に次と、その次の仕事まで決まりました。

今回は、たまたま同じウェディング業界の人がクライアントさんでした。お客さんからの依頼でウエディングブーケを作っている作家さんです。そういった仕事なので、依頼されたブーケが出来上がったら、すぐにお客さんに発送します。でも、その前に写真を撮っておかないといけません。そして、その写真をネットに載せて次の依頼に繋げます。

数をまとめて作りおきしておき、それを販売するのではなく、1個1個、お客さんからのオーダーが来てから作っていますので、出来上がるたびにプロのカメラマンに依頼する事ができません。人気の作家さんなので週に3個、4個って感じでオーダーが入ります。そのため、自分で写真を撮っておられるのですが、なかなか綺麗に撮る事ができないようで、そこで私への依頼となりました。

といっても私がブーケを撮影するのではありません。その人が自分でうまく撮影できるようにアドバイスします。そしてアドバイスするのは撮り方だけではありません。撮った写真を、より有効に活用する方法もアドバイスします。今回の課題は以下のような感じでした。

 

  1. 今よりも綺麗な写真
  2. 作家さん自身で撮影
  3. 撮影場所はアトリエ
  4. 出来れば新しくカメラやレンズは買わない
  5. 今の撮影環境、カメラ機材での改善
  6. SNSやネットでの、より効果的な使い方

 

まずは作家さんへのヒアリングから仕事が始まります。オーダーが入ってくるルート、オーダーの頻度、製作日数など。そして、いつも撮影に使ってる場所とカメラを見せてもらい、どんな環境で、どんな条件で撮っているのかを教えてもらいました。その上で改善点を提案します。ちなみに撮影に使っているのはアンドロイドのスマートフォンでした。コンパクトデジカメも一眼カメラも所有されていません。

 

  1. スマホをエクスぺからiPhone Xに機種変更
  2. 撮影する部屋を別の部屋に変更
  3. 撮影のための小道具購入
  4. 撮影時の注意点
  5. SNSでの活用

 

まず機種変更ですが、いま使われてるスマホの写真画像が悪い事にもともと不満がありiPhoneに変えたいと思われていたらしく、すんなり納得!明日にでも機種変します!な勢いです。もちろん、デュアルレンズのiPhone Xです。そして、iPhoneで撮る時の設定や撮影後の加工について説明します。もちろん、余計なアプリを購入する必要はありません。全てiPhoneに付いてる機能だけで行います。

撮影場所の変更ですが、アトリエのすべての部屋を見せてもらい東西南北を確認します。そして太陽光が入る場所を確認し、撮影に最適な新しい場所を二箇所提案しました。そして撮影用の小道具ですが、100均やホームセンターに売っている安い物で十分です。それとアトリエにすでにある物を活用します。

 

ここまで、提案してから私が自分のiPhoneで実際にブーケを撮影し、その写真をiPhoneで加工して見せてあげると、それはもうびっくりな表情です。同じアトリエで撮ったのとは思えないような写真、コマーシャルスタジオでプロカメラマンが本格的なカメラで撮ったと言っても通じるような写真を撮る事ができました。

 

最後に、撮った写真の活用方法です。スマホで撮影してるのでツイッターやインスタグラム、Facebookやネットショッピングのサイトに写真をアップするのもスマホからです。でも、何も考えずにアップしても綺麗な写真では載りません。また、アップする時間帯やタイミング、頻度も重要になってきます。せっかく綺麗に撮れても、その写真が最大限の効果を出すような使い方をアドバイスします。

 

今ある環境で出せる最大限のパフォーマンスを引き出すことを重視しているからです。あたらしく何かを買いたすのは、絶対的に足らない物があり、なおかつ、それをする事によって大きな効果が期待できる時のみだと思っているからです。今回のアドバイスはここまででしたが、次は作家さん自身が機種変したiPhoneで撮影する時に立ち会ってのアドバイスになります。

 

最近はデジタルカメラが普及したおかげで写真教室がたくさんあります。でも、その多くは写真がうまくなることを主眼としてるため、撮り方のテクニックとカメラやレンズの事が中心となります。趣味でお金と時間を写真に費やせる事ができるなら、写真がうまくなったことの満足感だけで十分かもしれません。でも、ビジネスシーンにおいては綺麗な写真が撮れた(撮ってもらった)だけで終われば、それはマイナスです。新しい販路拡大、顧客満足度のアップ、売り上げアップ、そしてブランディングの構築。写真が良くなることをきっかけとしてな業績拡大に繋がらないと意味がないと思っています。キキフォトワークスが、そのお手伝いに少しでもお役に立てるなら、結婚式やお宮参りと同じように、日本全国に出張します。

次のクライアントさんはお酒作りの会社です。といっても日本酒や焼酎、ワインといったようなお酒ではありません。どちらかといえばアルコールが入った健康飲料、美容飲料です。まずは、そちらの工場を見学させてもらってからのスタートなります。

あ!ちなみにブーケの写真はiPhone Xのポートレートモードで撮りました。昼間でも街灯が点くような雨降りの暗い日に部屋の中で照明なしで撮ったのでノイズが目立ちますが、それでもやっぱiPhoneてすごいなと改めて感じます。後ろに写っている余計なお茶とかは無かった事にしてください。

 

広告用写真の申し込みはこちら

結婚式のツイッター 結婚式のFacebookページ 

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です