奈良和装前撮りロケーション撮影108

 

今日は、まも無く結婚式をあげられるふたりの奈良での前撮りロケーション撮影でした。結婚式はチャペルでキリスト教式との事なので、今日は和装衣装を三着でたっぷりと撮影しました。まず最初にいった撮影場所は桜井市の三輪にある三輪惠比須神社です。こちらでは境内で撮影させてもらえるだけでなく神職の方による結婚式報告祭も行っていただけます。結婚式ではありませんが神社でのご祈祷、ふたりにとってもとてもいい経験だったようです。

 

 

こんな感じでふたりが正座してる写真はよく見かけますが、神様への報告をしていただいた拝殿での撮影となると、やはり雰囲気が全然違いますよね。あ、ちなみにたまに地面に正座してる写真を見かけますが、あれは完全にNGだと思っています。ふたりが着てる衣装は和装の第一礼装であって、一番格が上の衣装です。その衣装を着た人が乞食が地面に座って物乞いするのと同じポーズをする事自体が、ちょっと違うし、出来上がった写真に違和感を感じるのは、そういった事だからだと思います。なので正座の写真を撮るのは室内のみで撮影しています。

 

 

三輪惠比須神社を出発したら、すぐ近くの藤原宮跡に向かいました。藤原宮跡は春は一面の菜の花と桜。秋はコスモス畑が広大に広がります。でも、コスモスの見所は10月中旬から下旬くらいです。今日はちょっと早いので、もしかしたら行っても咲いていなくて撮影できないかもと思っていたのですが、昨日より多くのコスモスが咲いていてほっとしました。藤原宮跡のあとは法隆寺の近くにある法起寺のコスモスで撮影です。コスモスと三重塔が、なんとも奈良らしい雰囲気でした。

 

 

そんな感じでいろんな場所を回った後は、定番の奈良公園です。奈良公園についた頃は汗が噴き出すくらいに気温が上がっており、数日前の寒さが嘘のような夏日となりました。そして一部の木ではすでに紅葉が始まっていました。今日は7時からお支度開始をして9時30分から17時30分まで撮影。その後、お着替えを済まされ全て終わったのが18時30分。長時間だったのにも関わらず、あっという間の時間でした、終わってしまうのが寂しいです、なんて嬉しい言葉もいただきました。そして最初は京都で撮影するつもりだったのを奈良に変更して本当に良かったと。

 

結婚式の和装前撮り写真

友だち追加

LINEではお得情報を発信します。
ぜひ、登録くださいね♪

FB-f-Logo__blue_1024 Twitter_Logo_White_On_Blue スクリーンショット 2016-08-09 21.33.37

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です