春日大社の結婚式

 

今日は奈良市、奈良公園の中にある春日大社での結婚式の撮影に伺いました。今日の結婚式ほど数日前からドキドキハラハラだったことはありません。なんせ、この三連休は台風18号が日本列島を縦断、西日本は大荒れの天気予報です。昨日は奈良公園で結婚式の前撮りの予定だっやのですが激しい雨のために延期となりました。

 

 

そして今日は、数日前の予報では、ちょうど結婚式を挙げる時間あたりに台風が関西地方を横断する感じでした。昨日の雨が結構激しかったので、今日はその雨に加えて強風も吹き荒れるだろうと思い、暴風雨対策グッズをいっぱい車に詰め込んで、祈るような気持ちで眠りにつきました。でも、朝方、まだ暗い夜明け前、激しい風の音で何度か目が覚め、今日は本気で覚悟して結婚式をしっかりとサポートしないといけない。そんな気持ちでうつらうつらと眠むっておりました。

 

 

ところがどっこい!朝、目が覚めてみると、先ほどまでの強風がやんでいます。そして雨も上がって、上空はうっすらと青空まで見えています。でも、相手はなんせ気まぐれな自然です。いつ何時、天気が急変するかもわからないので、余裕を持って準備できるように予定よりも1時間早くに出発して、皆様がお支度してるホテルに向かいました。

 

 

ホテルでのお支度も、新郎さんと新婦さんは予定より30分早くに出来上がりそうです。そうなったら、雨が降らないうちに少しでもスナップ写真を撮るために急いで奈良公園に出かけました。奈良公園に着くと、今朝の強風で大きな木が倒れていたり折れた枝があちこちに散乱していて、公園の管理事務所の人たちが大勢で後片付けをされていました。やっぱり、夜中の強風は夢では無かったようです。

 

 

スナップ写真を撮り終えると春日大社の貴賓殿へと向かいます。ここで巫女さんから二人と親族の皆さんへ結婚式の流れの説明があります。その説明の後、新郎さんを中心に玉串奉天の後の二礼二拍手一礼の参拝の練習をされていました。挙式本番では、練習の成果が出て一種乱れぬ二拍手に、警備員さんも、こんなに綺麗に揃った二拍手は聞いたことがないと驚いておられました。

 

 

挙式の時間になると貴賓殿から本殿まで参進します。貴賓殿から出てこられた皆さんは、まずは空を見上げます。そして出てくる歓声の声は『雨降ってない!風も強くない!』貴賓殿から本殿までは7、8分くらい、屋根の無い屋外を歩きます。ここを歩くときに暴風雨だったら、写真を撮る事よりも、みなさんを無事に本殿まで送り届けるサポートをするつもりで、たくさんの傘や荷物を預かるカバンを持ってきたのですが、全く出番がなくてホッとしました。

 

 

本殿での式も無事に終え、しばらくは本殿前で写真タイムです。結婚式が多く入っている日だと、これくらいのタイミングで次の挙式の方達が本殿にやってくるので、早く場所を空けないといけませんが、今日は次の挙式がないので、しばらくは歓談することもできました。その後、若宮殿の方に行って灯篭あたりでも撮影してたのですが、天気予報が悪かったおかげで観光客もいつもの休日に比べてとても少なく、希望されていた写真も無事に撮ることができました。

 

 

そんな感じで挙式後、約1時間にわたる撮影が終われば、月日亭に移動しての食事会です。この月日亭ですが世界遺産にも登録されている春日の原生林の中に1件だけポツンとあります。お店を取り囲む原生林をバックにしての撮影を終えたら今日の任務も無事に終えることができました。明日も春日大社での結婚式です。台風の影響はなさそうなので、今夜は安心して眠れそうです。

 

神前挙式プランのお申し込みはこちら

神社で神前結婚式

友だち追加

LINEではお得情報を発信します。
ぜひ、登録くださいね♪

FB-f-Logo__blue_1024 Twitter_Logo_White_On_Blue スクリーンショット 2016-08-09 21.33.37

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です