春日大社で七五三

 

今日は春日大社で七五三の出張スナップ写真の撮影でした。4年前、同じように春日大社でのお宮参りの撮影に伺って以来の再会となりますが、皆さんの顔を拝見した途端、お宮参りの時のいろんなエピソードが猛烈な勢いでフラッシュバックしました。

 

春日大社のご祈祷の前や後に撮る七五三の写真の費用や金額、料金

 

お宮参りの時、着物で撮影する時の小物として赤ちゃんに被せる白いふわっとした帽子があるのですが、それまでご機嫌にしていた赤ちゃんが、その白い帽子をかぶせた途端に大泣きして暴れました。それでもなんとかして被せた途端、赤ちゃんが自分でその帽子を脱いでほり投げてしまいました。よほど帽子が嫌だったんでしょうね。帽子をほり投げた途端、やっと解放されたって安心感で大きくため息を1つ2つすると、ホッとしたような顔をして大人しくなりました。撮影前にそんな話をしていると、今でも保育園の帽子が嫌いだって話を伺い、赤ちゃん魂は正しく伝承されてるんだなと妙に納得していました。

 

春日大社のご祈祷の前や後に撮る七五三の写真の費用や金額、料金

 

そんな赤ちゃんが大きくなっての七五三の撮影です。今日の撮影は、しょっぱなに着物脱ぎたい!帰りたい!写真いや!といった男の子らしいカメラマン泣かせのセリフと現場からの逃走から始まりました。私の七五三の撮影方法は子供の気を引くための小道具は一切持って行かないやり方です。小道具を持って行けば、ついそれに頼ってしまって子供が何をしたいのか何をしたくないのか。何に興味を持って、どんな言葉に嫌な顔をして、どんな会話の時に興味が湧いた表情をするのか。そういった事に気づきにくくなるからです。これは撮影するカメラマンの得意、不得意によっても違いますが、私の場合、小道具がない方がより子供の表情の変化に気付きやすいです。

 

春日大社のご祈祷の前や後に撮る七五三の写真の費用や金額、料金

 

小道具を使うと、どうも頭の中が小道具に占領されてしまう単細胞なのかもしれません。なので、今日の最初にそういったセリフが男の子から出た時こそカメラマン魂に火がつきます。なんて書くとかっちょいいですが知り合いの心理カウンセラーから言われました。それは貴方の精神年齢、思考回路が子供と一緒で単純やからやでって・・・

 

春日大社のご祈祷の前や後に撮る七五三の写真の費用や金額、料金

 

撮影前に恥ずかしがり屋でカメラも苦手って話も伺ってました。もともと七五三や家族写真の時にはカメラを見てとか、こっち見てとか、そういった大人の都合や期待を感じさせてしまうようなセリフは使わないようにしてるのですが、そういった撮影方法が今日の彼にはよかったみたいで、着物を脱ぎたい気持ちはは変わりなかったでしょうが、それでもご機嫌よく一緒に遊んでくれました。

 

春日大社のご祈祷の前や後に撮る七五三の写真の費用や金額、料金

春日大社のご祈祷の前や後に撮る七五三の写真の費用や金額、料金

 

そんな元気な男の子でしたが、パパやママ、おじいちゃん、おばあちゃん、ご家族総出での懸命のサポートにも助けられ着物姿の元気な様子を写真にたくさん残す事が出来ました。皆さん、ご協力本当にありがとうござました!

 

春日大社のご祈祷の前や後に撮る七五三の写真の費用や金額、料金

 

七五三の写真

友だち追加

LINEではお得情報を発信します。
ぜひ、登録くださいね♪

FB-f-Logo__blue_1024 Twitter_Logo_White_On_Blue スクリーンショット 2016-08-09 21.33.37

 

 

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です