往馬大社で七五三

こんにちは。
キキフォトワークスのブログへ来てくださり、ありがとうございます。メインカメラマンの池田一喜です。このブログは写真撮影した本人が書く今日の撮影日記ブログです。キキフォトワークスは全ての撮影メニューが写真集と全カットのデータ付きです。

午後からは奈良に戻って七五三の撮影でした。生駒市にある往馬大社での七五三撮影です。こちらのご家族とも2年ぶりの再会となります。2年前は四人兄弟の一番末っ子の女の子のお宮参りの撮影で、やはり同じように往馬大社で撮影させてもらいました。2年前っていうと、つい先日のような印象があります。

往馬大社の七五三参りの写真
往馬大社の七五三参りの写真

その時は、上のお兄ちゃんたち、男の子三人が、それこそ男の子らしさを思う存分発揮して走り回っていたので鮮明に記憶として残っています。なので、今回の七五三の依頼を頂いたとき、え?もう?って感覚になっていました。そして今日、あの時のお宮参りの赤ちゃんが赤い着物を着て歩いているのを見て、年月が経つのは本当にあっという間だなと実感していました。

往馬大社の七五三参りの写真

そして、今日の主役はお兄ちゃんです。やはり主役とあって、しっかりとその場を取り仕切っておりました。白扇を右手に持って、カメラマンに色々と指示を出してくれていたので、将来は有望な映像作家になるかもしれません。

往馬大社の七五三参りの写真
往馬大社の七五三参りの写真

そして、撮影は常にアドリブ、臨機応変です。そりゃ、これくらいの子供が四人も揃ったら、じっとおとなしく言うことを聞くなんてことはできるはずがありません。それこそ、子供らしくなくなってしまいます。なので、決められた枠の中に子供を入れるようなスタジオ設備ではなく、広い神社境内が撮影場所となれば、常にどこかに飛んで行くし走り回るので、こちらも頭の中を彼らと同じくらいの精神年齢にならないと先読みしての撮影が難しくなります。

往馬大社の七五三参りの写真
往馬大社の七五三参りの写真
往馬大社の七五三参りの写真

そんな自由奔放な彼らも、祝詞奏上やお祓いの時などは、やけに神妙な表情をしていたのが面白かったです。お参りが終わったあと、祭主さんの手におさがりを見つけると、少しづつにじり寄って受け取ろうとしますが、残念ながらそれは上のお兄ちゃんの手に渡されたのでした。

往馬大社の七五三参りの写真
往馬大社の七五三参りの写真
往馬大社の七五三参りの写真
往馬大社の七五三参りの写真
往馬大社の七五三参りの写真
往馬大社の七五三参りの写真
往馬大社の七五三参りの写真
往馬大社の七五三参りの写真
往馬大社の七五三参りの写真
往馬大社の七五三参りの写真
結婚式カメラマン、キキフォトワークスの写真ブログ
キキフォトワークスのカメラマン写真ブログ
キキフォトワークスの池田一喜・敬子です。
ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
キキフォトワークスは夫婦二人の小さな会社です。
小さな会社だからこそ拘りがあります。
それはお客様の気持ちに寄り添う撮影です。

結婚式、前撮り、お宮参り、七五三、広告用
プロフィール写真、ホームページ用写真

撮影内容は色々ですが日本全国に出張しています。
また逆に日本全国から奈良まで来てくださいます。
ホームページから気軽にお問い合わせくださいね。

https://2kiki.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です